Floorp 本体の更新・アップデート通知機能に関して

Floorp のアップデート通知は、Floorp 8.6.0 から仕様が変更され、既定では、最新版である旨も通知されるようになりました。この記事では、それに関しての情報と設定に関して記載します。

この記事は Floorp のバージョン「8.6.0」以上が対象です。それ以下のバージョンを対象にしていないことに注意してください


アップデート通知の無効化・有効化に関して

バージョン8.6.0から、Floorp では、セキュリティの問題上、通知を完全には停止することはおすすめ出来ませんが、オフにすることは可能です。
以下の方法で完全に停止、または最新版の旨を伝えるアップデート通知だけを停止できます。手動チェックには影響ありません。

1. 「about:config」サイトを開きます。
2. 「floorp」という単語で検索します。
・最新版であることを通知する機能をオフにしたい場合(以下の写真の通知)

「enable.floorp.updater.latest」を「false」に設定します。

最新版であること伝える通知

・手動アップデートチェック以外のアップデート通知をオフにしたい場合(非推奨)

「enable.floorp.update」を「false」に設定します。


また、「update.id.floorp」は、アップデートの確認先を表します。Windows 版で提供されている日本語版の場合、上記の値は「floorp」に設定されており、グローバル版の場合は、「floorp-global」に設定されています。この設定を変更すると、予期しないエラーが発生する可能性があるので、操作しないことをお勧めします。


注意点

自動アップデート通知を止めるのは、セキュリティの問題があり、脆弱性が修正されません。非常事態時のみ、アップデート通知を切ってください。

最新版である旨を通知する機能はオフにしても影響はほとんどありません。


手動でアップデートをチェックするには

右上にある、Floorp ブラウザーのアイコンをクリックしてください。

最新版の場合、最新版であることが通知されます。

最新版であることの通知

最新版でない場合、Floorp は最新のインストーラーのリンクを通知に表示します。通知に書かれていることに従って、インストーラーをダウンロードして実行してください。

初回インストール時に、管理者権限を付与していた場合、管理者権限を許可してください。逆に、管理者権限を許可していなかった場合、拒否してください。

最新版でない場合の通知